Truth is Beauty, Beauty is Truth

イギリスの若くして亡くなった詩人 ジョン・キーツの詩の言葉を借りました

自分にとっての 真実 とは 美しいもの とは …
<< Most beautiful lullaby... | main | The narrative of Hamilton >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
素敵な人と次の山
私は ハリーポッター ファン ではない。

本を読んだことはない。

映画は1作目か2作目かを一度見て 

特に興味は湧かず 以後見ることはなかった。

USJにアトラクションができたときも

長蛇の列ができてて大変だったーと

耳くそ味のカラフルなグミのお土産をもらっても

へぇーと乾いたリアクションしか できなかった。

しかし。

作者の J.K.Rowling... 素敵な人ではないですか。

何気なく見たHarvard大でのcommencement speechを聞いて

衝撃を受けた。

ユーモアと表現力のみならず、

生きていく中で経験するfailure、そのとらえ方

人間の弱さ、イマジネーションの力、共感する力、

物語から政治までカバーした 知性と豊かな人間性溢れる 

素晴らしいスピーチに脱帽!

これを聞いて、ハリポタという作品が愛される理由が

少しわかった気がした。


トランスクリプトはこちら:
•http://news.harvard.edu/gazette/story/2008/06/text-of-j-k-rowling-speech/
***********************************

今日は研究日。研究室でinspirationalなスピーチを聞いているだけではなく

今後の研究や学会発表、講義、そして

博論関連の計画を練らなければならないので 頑張らなくては。

そして 定期的に大きな山が現れては 登ってきている私だけど

また次の大きな山が視界に入ってきた。

次の山をまた 精一杯登ってみようと思う。

とりあえず 全力で。
| ぽてとちきん | オススメ☆人 | 14:04 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:04 | - | - |










一番上へ