Truth is Beauty, Beauty is Truth

イギリスの若くして亡くなった詩人 ジョン・キーツの詩の言葉を借りました

自分にとっての 真実 とは 美しいもの とは …
<< 新しい山 | main | 生きる歓び >>
孤独なモンスター

負の感情に飲み込まれたとき

人はモンスターになる

自分でも コントロールできないお腹の底からくる強い力が

心と体を支配する

いやだ!やめてくれ!っていくら叫んでも

それはただの小さな声になりさがり

もうどうにもならなくなる

その強い力で モンスターは周りを全て傷つけていく

知らないうちに 気づかないうちに

大事な人や 自分が大事にしている価値観まで

傷つけ ズタズタにして 色んなことの意味がぼやけ

あんなに大事にしていたことたちが 人たちが

いとも簡単に 色あせていく




周りで傷つけられた人たちは 耐える

モンスターが嵐のように 全てを破壊した後に

静寂が訪れると信じて 耐える

でも いつまでそれは続けられるの?

いつまでそれに耐えられるの?

大事な人たちの心から 徐々に 自信が無くなっていく

一人、また一人と みんなの自信が ゼロ になっていったときに 

モンスターは気づく

「あれ?みんなどこに行ってしまったの?なんで傍にいないの?」

気づいたときには もう遅い。

モンスターは一人ぼっちで 人ごみを彷徨う。

いったい何がダメだったんだろう。 

どうしてみんないなくなってしまったんだろう。

いくら考えても 答えはでてこない。

さようなら モンスター。 

大事だった人たちは 声すらかけずに 理由も告げずに 

いなくなった。




大事な人たちのなかに モンスターの傍に残って 

何年も何年も耐え続けた人がいた。

自信がなくなって モンスターの周りから立ち去った人たちを

何人も何人も見てきた。

それでも

自分の価値観を可能な限り圧し殺し 

時に周りの人たちと痛みを分け合いながら

何年も何年も耐えた。

モンスターの嵐を とにかく何度も何度も耐えた。

ある大きな夢を信じて。 

その夢だけが 心の支えだった。

それが何十年も続いて 終わりのない嵐に耐える自信がなくなり

夢がぼやけかけてきたとき

耐えてきたその人も 積もり積もった負の感情に

気づいたときには じわじわと飲み込まれていた。

そうして最後にモンスターによって その夢が完全に奪われたとき

自分もモンスターになってしまった。


そう。

人は誰でも モンスターになりうる。 

でもこれは 一人の 哀しいモンスターのお話。

*********************************

↓下は浦沢直樹の作品「MONSTER」に出てくる

「なまえのないかいぶつ -The Nameless Monster-」

という絵本。結構怖いけど 好き。

The Nameless Monster


| ぽてとちきん | ワタシノ☆言葉 | 02:34 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:34 | - | - |
はじめましてのコメントです。
川崎洋「ほほえみ」を検索していてここにたどり着きました。
いつまでも若い心を持ち続けたいと悪戦苦闘の毎日を送る53歳の私です。もしも大学生に戻れるならあなたのように、日々考え暮らせたらいいなぁと思いました。私は理系で工学部、文学には縁遠い生活でした。子供を産み絵本を読み人と話し・・・現在言葉を使った小さな仕事をしています。みんなで朗読やお喋りをする事をライフワークとし今日も「楽しい話し方講座」で「ほほえみ」を読もうと思っていました。茨木のり子さんの詩も大好きです。
きっと素晴らしい感性をお持ちで素敵な女性なのでしょうね。
朝の一時オススメ☆言葉でとってもいい気持ちになりました。
ありがとう。
| 泉 | 2012/09/17 8:31 AM |

>泉さん

どうもはじめまして、コメントをどうもありがとうございました。嬉しくて嬉しくて、何度も読み返させて頂きました。しかも川崎洋さんの詩を検索していてここにたどり着いたなんて!感無量です。

泉さんの「楽しい話し方講座」とても面白そうです!詩を朗読して、そこから広がる世界を基に仲間とお話をするなんて、とても素敵です。私も是非講座に参加してみたい!

このブログを始めた頃は大学生でしたが(プロフィールをupdateしなくては!)今は働き始めて3年目になります。大学、大学院を経て社会に出て、辛いことも嬉しいことも含めて、様々な経験をして日々生きています。悲しみが深いほど、歓びが大きいほど、詩というものにとても助けられている気がします。これまで、茨木のり子さん、川崎洋さん、吉野弘さん、金子光晴さんたちにどれだけ心を支えてもらったかわかりません。これからも詩を身近に置きつつ、自分でも言葉を綴っていきたいと思っております。

更新は不定期ですが、素敵な詩を自分なりの感じ方で紹介していきたいと思っているので、是非また遊びに来てくださいね!こちらこそ、素敵なメッセージをどうもありがとうございました。よい一日をお過ごし下さい。
| aya | 2012/09/20 11:08 AM |











一番上へ