Truth is Beauty, Beauty is Truth

イギリスの若くして亡くなった詩人 ジョン・キーツの詩の言葉を借りました

自分にとっての 真実 とは 美しいもの とは …
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
RING RiNg rINg ring
このバー行ってみたいな♪

懐かしいもの 発見した見る

ダイヤのリングを型どった あめちゃん☆★☆

小さい頃 ほしくて ほしくて あこがれてた子供

カワイくて おいしい あめちゃん☆★☆

たった 50円だけどお金

まったく 女の子ごころ くすぐるね〜〜ラブ

しかも ムラサキ グレープ味♪♪

自分はよく おいしそうなアクセに 心惹かれるときめき

その原点は この お菓子 だったのかも ね王冠

しかし この飴 なめ終るのに 一時間以上 かかります時計

途中で あきちゃわないように…

買ったときの トキメキを 忘れちゃわないように…

したいものですww

リングポップ♪っていうらしい〜RINGPOP2Ringpop3
| ぽてとちきん | オススメ☆アート | 23:56 | comments(3) | trackbacks(0) |
懐かスィー(>ё<)
Care bear だよ☆ のほほん〜〜★
かわいいね〜ラブ
全く 君たちは のほほんと いいね〜〜植物
できることなら 一緒に
空の上で プカプカと 浮いてたいね〜
あのお城の中にも 仲間が いっぱい いるんだろうね〜
なんか 明るくて 楽しそうだね〜

しばらく 地上からいなくなって 
地上の全ての縛りから スルスルってぬけられたら
どんなにいいだろうね〜

きっと 雲の上は いつも 晴れてて晴れ
毎日 ふゎ〜っと してて 
気持ちいいんだろうな〜っ

なんてなっ
こんなの 
ただの 現実逃避…ショック
ただ 空に 逃げたいだけでス…アハハ…悲しい

大好きな青い空の中に いた ケアベアちゃんが
うらやましくなった だけなのょょょょ鳥

結構 苦しいこの状態。
ひさびさに 病んでますね〜
というか ヤバイですね〜PC

頭がいつも以上に回転しません。。。クルクルクル鏑鏑
ハイ。 ガンバリマス。。 ガンバルシカナイッス。。水泳
| ぽてとちきん | オススメ☆アート | 00:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
リンゴ
オノ・ヨーコ Apple
去年 六本木の 森美術館で ハピネス展を見たとき
忘れられない 作品に 出会いました見る

オノ・ヨーコ作  「Apple」

ガラスの台の上に ポンと 誰かが 置いたような
本物と見間違えちゃうくらい おいしそうな 青りんご

パクリと かじられた このりんごは
その かじられた部分が 黄色く きばんでいました

りんごは 一度 傷付けられると
時間が経つにつれて その部分が 傷んでいきます

このりんごは 色んな リアル や 美 や 真実 を 
表しているのだと 感じました

残念ながら この 写真は 痛んだところが みえないけれど…
ここが 一番 私の中では 重要でした 

人は 色んな角度から見れば 良い面も 悪い面も あります
でも 表だってみえる大半の部分は 大抵 良い面です
この 作品の 写真のように。
でも 良い面ばかりでは ないのです
完璧なものなんて ないのだから。
自分の 悪い 弱い 傷付いた面に 気づくこと
それが 存在する ということを 認知すること は
自分全体を 受け入れること と 同じだと
そしてそれは 自分という 人間を理解するには
欠かせないことだ と 日々感じるのです

悲しいのは その部分が 存在することを 
見ようとせず また 認めもせず
だんだん 腐ってきて しまうことに 気づかないこと
そこを 直視することは とても 痛い 苦しい ことだから
ほとんどの人が それをせずに 大きくなってしまうのです

これは 個人だけにいえることではなく 団体や 社会全体にも
いえることだと 思います
団体や 社会も その 問題点や 嫌な膿を 出して 直視しないと
よくは ならないのです
いつまでも 臭いものには 蓋をしろ では だめなのです
| ぽてとちきん | オススメ☆アート | 01:03 | comments(6) | trackbacks(0) |
文鳥のPチャン
うちの鳥 Pちゃんの イメージ
紹介します うちの実家にいる 文鳥のPチャンです家
3年前 私の受験の癒しになるかと思って 飼いました
        が 
今までのPチャン とちがって 全く なつきません…鳥
全く 癒しには なりません…
文鳥大好きなのに なついてくれないなんて 致命的ですバッド

そんなPチャンの お気に入りは うちの弟男
弟が実家に帰ると 狂ったように カレに突進していきます
弟がいないときは お父さんへジョギング

私と これまた文鳥好きの母は 無視ですしょんぼり

実家に帰ると 切なくなるのを 思い出してたら
かわいいPチャン 描けちゃいました植物
| ぽてとちきん | オススメ☆アート | 11:35 | comments(2) | trackbacks(0) |

一番上へ